防水・防塵・耐衝撃SIMフリースマホ「arrows M02」をランニング用に購入!

2016 02 27 16 21 39私は、普段のランニングやマラソンのレース時には、これまでiPhoneを携帯して走っていました。

現在まで雨や汗による故障は無かったのですが、iPhoneは防水機能が無いため少し不安に思っていました。

昨年あたりから格安SIMが各社から発売され、通信費を抑えることができるようになったことからランニング用のサブ機として防水スマホの購入を検討していました。

格安SIMと組み合わせのできるSIMフリー端末を調べてみると、海外メーカーには防水対応の製品が無く、国産のソニー「XPERIA J1 Compact」シャープ「AQUOS SH-M02」富士通「arrows M02」が候補にあがりました。

ただ「XPERIA J1 Compact」は価格面から除外、「AQUOS SH-M02」と「arrows M02」の二択に。

「AQUOS SH-M02」は「arrows M02」と比較して、本体ストレージ容量が2倍、メインカメラが1300万画素と高性能ですが、価格が1万円ほど高価。

サイズは、「AQUOS SH-M02」134×71×9.9mm・145g、「arrows M02」141mm×68.9mm×8.9mm・149gとほとんどサイズ・重量とも同じですが、「arrows M02」の方が1mm薄くなっています。

肝心の防水性能は「AQUOS SH-M02」のIPX5/7に対し、「arrows M02」は防水IPX5/8、防塵IP6X、加えてMIL規格(米国国防総省調達基準)14項目をクリア

おサイフケータイには両者とも対応しています。(全てに対応している訳ではない)

以上のことからランニング用のサブ機という用途を踏まえ、安くて、薄くて、防水・防塵・耐衝撃性能に優れている「arrows M02」の購入を決定。

カラーバリエーションは、ブラックとホワイトがありますが、私はホワイトを購入しました。

夏の屋外ではホワイトの方が温度が上がりにくと考えたからです。

ただ、MVNO事業者のオリジナルカラーとしてゴールド、ピンク、ロイヤルブルーなんかもあるので、欲しい色がある場合は、MVNO選定のポイントになるかもしれません。

スペック

プロセッサ MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)
OS Android™ 5.1
ディスプレイ 約5.0インチ 有機ELディスプレイ
解像度 1280×720ドット(HD)
メインメモリ 2GB
ストレージ 16GB
通信機能 3G:2.1GHz / 900MHz / 800MHz
LTE:2.1GHz / 1.7GHz / 900MHz / 800MHz
GSM:1.9Ghz / 1.8Ghz / 900Mhz / 850Mhz

IEEE 802.11b/g/n/準拠
Bluetooth® 4.1
NFC
おサイフケータイ®

カメラ アウトカメラ:約810万画素
インカメラ:約240万画素
インタフェース microUSB
nanoSIMカードスロット
microSD/microSDHC メモリーカードスロット
イヤホンマイクジャック
バッテリー容量 2330mAh
サイズ 高さ約141mm×幅約68.9mm×厚さ約8.9mm
重量 約149g
付属品 卓上ホルダ
ACアダプタ
取扱い説明書類
保証書
その他 防水:IPX5,IPX8
防塵:IP6X
本体カラー ブラック、ホワイト
ランキングに参加しています。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ポチっとしてね!
スポンサーリンク