エプソンからGPSウォッチ「WristableGPS」の新モデル発表!

エプソンは、GPS Sports Monitor「WristableGPS」の新商品『SF-810B』、『SF-810V』を2014年10月17日より発売すると発表しました。

両者の違いはカラーの違いで『SF-810V』がパーブル、『SF-810B』がブラックで、ランニングスタイルに合わせてお好みのカラーを選べます。

主な特徴
新商品『SF-810B』、『SF-810V』は、高精度GPS機能搭載に加えて、エプソン独自技術の高精度脈拍センサーを新たに搭載。胸ベルト(ハートレートモニター)を装着することなく、脈拍計測が可能となり、手軽に心拍トレーニングを行うことができます。毎秒ごとに脈拍計測とGPS信号測位をしながら連続で20時間の動作を実現。

走行時の計測データ(軌跡や速度、ラップ、消費カロリーなど)はWebアプリ「NeoRun」にアップロードして、管理・分析することが可能。
「NeoRun」はiPhoneやAndroidスマートフォンでの閲覧にも最適化し、Bluetoothによりデータのアップロードを可能にするアプリケーションが提供されています。

高精度LCDと反転液晶画面で日中も夜間も、高い視認性を持続。文字も大きく読みやすくなりました。表示画面も自分の好みでカスタマイズ可能。

画面をタップするだけで表示を切り替え可能なタップセンサーを搭載。あらかじめよく使う機能の登録により、走行中にも最低限の動作で見たい画面を呼び出し可能。

通過ラップ等をアラームとともに振動で知らせるバイブレーション機能も搭載し、走りに集中できます。

ランキングに参加しています。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ポチっとしてね!
スポンサーリンク