インターバルトレーニングをやってみたら思いのほかハードだった!

本日のトレーニングはトレッドミルで1km×5本のインターバルトレーニング。
2014 01 23 20 16 56

既に実践されている方も多いと思いますが、簡単に説明します。

インターバルトレーニングとは
速い走りとゆっくりした走りを交互に繰り返すトレーニングで、走りに緩急をつけることで持久力とスピードアップの両方の効果が得られるものです。

今回は初めてなので、とりあえず急走期を15km/h(4:00/km)、緩走期を10km/h(6:00/km)と設定しました。

まずはウォームアップとして10km/h(6:00/km)で1km走り、そして1回目の急走期です。

いつもは12km/h(5:00/km)で走っているので、ものすごく速く感じます。実際速いです。( ;°Д°)

1km走り終えると結構キツい。緩走期に入り、スピードを10km/h(6:00/km)に落として3分ほど走り、続いて2回目の急走です。

何とか1km走り切るも、心臓はバクバク「もうアカン(((( ;°Д°))))」ということで、緩走期のスピードを8km/hに落として心拍が下がるのを待ち、3回目以降の急走期は14.4km/h(4:00/km)、緩走期のスピードは8km/hとしました。

予定していた1km×5本を走り、最後に8km/hでしばしクールダウンを走り終了しました。
思いのほかハードなトレーニングとなりました。

今回は、初めてということでペースが掴めず、オーバーペースで入ってしまいましたが、次回以降は、急走期14.4km/h(4:00/km)、緩走期を8km/hとして週1回ペースで継続してみようと思います。

「Polar Beat」による心拍測定
セッション・サマリー
2014 01 23 20 14 38

分析
2014 01 23 20 14 41
急走期と緩走期の違いが心拍数にはっきりと表れています。

講評
2014 01 23 20 14 49
最大レベルの割合が高いハードなトレーニングなりました。

Nike+ FuelBand SEによる本日のランニングセッション
2014 01 23 21 03 55

「MAKING WAVES」トロフィーを獲得!
2014 01 23 20 15 33

Nike+ FuelBand 2.1(無料)

カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
現在の価格: 無料(サイズ: 46.5 MB)
販売元: Nike, Inc. – Nike, Inc. (iDP) 1

アプリをダウンロードする

Nike.com Nike+ FuelBand SE
NikePlus_Fuelband_SE_7Band_Horizontal_24429

限定カラー「シルバー」2014年2月1日発売開始!

゙(*・・)σ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ぽちっとな♪

年月日 2014/1/23
トレーニング内容 1km×5インターバルラン
走行前
走行後 SAVASエンデュランス(水割)
シューズ NIKE LUNARECLIPS+
シューズ走行距離 1442.1km
本日走行距離 9.1km
週間走行距離 32.3km
月間走行距離 114.7km
年間走行距離 114.7km
通算走行距離 2997.8km
ランキングに参加しています。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ポチっとしてね!
スポンサーリンク