ランニング雑誌を「自炊」で電子書籍化してみよう!【スキャン編】

前回に引き続き、ランニング雑誌を「自炊」で電子書籍化する方法についてです。
「自炊」とは簡単に言うと「紙の本をスキャナーで読み込んでデジタル化すること」です。

今回はスキャンの方法を説明します。

私が使用しているスキャナはScanSnap S1500です。
2014-01-11 13.31.06
「自炊」といえばScanSnap S1500でしたが、現在は後継機種ScanSnap iX500が出ております。

スキャナを設定する

まずは、「自炊」のためのスキャナの設定をします。
設定自体はiX500もあまり変わっていないようです。

アプリ設定は「起動しません(ファイル保存のみ)」を選択。
01

「参照」をクリックしてイメージの保存先としてファイルを保存したいフォルダを指定します。
続いて、「ファイル名の設定」ボタンをクリックします。
02

ファイル名を指定できますので、わかりやすい名前を付けておくとよいでしょう。
03

読み取りモードは「スーパーファイン」、カラーモードは「自動判別」、読み取り面は「両面読み取り」にします。
雑誌1冊分を一度にスキャンすることができないので、「継続読み取りを有効にします」にチェックを付けます。
続いて「オプション」ボタンをクリックします。
04

ここは「文字列の傾きを自動的に補正します」にのみチェックします。
05

ファイル形式はPDFを指定します。
「検索可能なPDFにします」にチェックを入れると文字列を検索することができるようになりますが、時間がかかります。
私はオフにしています。
06

原稿サイズの選択は「サイズ自動検出」にしています。
07

ファイルサイズは中間の「3」にしています。
画質とファイルサイズのバランスでお好みに合わせて調整してください。
08

原稿をスキャンする

それではスキャンしてみましょう。
スキャナのカバーを開けると自動で電源が入ります。
2014-01-11 13.31.19

一度に1冊分をスキャンすることができないので、2回に分けます。
裁断した本を上下逆さま表紙を下向きにしてセットします。
原稿は下側から読み込まれますので、下側が前にでるように少しずつズラしておくと読み込みやくすなります。
2014-01-11 13.46.47

スキャンボタンを押してスキャンを開始します。
2014-01-11 13.47.25

原稿が次々に読み込まれていきます。
2014-01-11 13.47.40

スキャンが終了すると下記の状態になりますので、残りの原稿を先ほどと同様にセットして「継続読み取り」をクリックするとスキャンが再開されます。
2014-01-11_13h49_00

スキャンがすべて終了したら「読み取り終了」をクリックしてスキャンを終了します。
2014-01-11_13h51_32
この雑誌を1冊スキャンするのにかかった時間は約3分でした。
スキャンし終えた原稿は捨てて構わないのですが、捨てた後でスキャンミスが見つかっても手遅れなのでくれぐれもご注意ください。

設定で指定したフォルダにPDFファイルが保存されています。
サイズを確認すると58.3MBでした。
2014-01-11_13h55_40

重送が起こった場合

原稿に糊が残っていてページがくっついていたなどが原因でページが重なって原稿が送られる場合があります。
スキャナが停止してメッセージが表示されます。
2014-01-11_15h30_00

原稿を取り除き、ページがくっついていたらバラバラにして、再度原稿台にセットし直します。
最後に読み取った原稿を「残さない」にして「継続読み取り」ボタンをクリックするとスキャンが再開されます。
2014-01-11_15h33_01

最後に

雑誌の電子書籍化は慣れると結構簡単にできます。
最初から電子書籍で発売されると良いのですが、まだしばらくは「自炊」の必要があるのかもしれませんね。
興味のある方はぜひ試してみてはいかがですか?

ScanSnapは1台あると「自炊」だけでなく何かと便利です。
私は、マラソン大会の記録証などもスキャンして保存しています。

ランキングに参加しています。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ポチっとしてね!
スポンサーリンク