ランニング雑誌を「自炊」で電子書籍化してみよう!【裁断編】

「自炊」という言葉も結構メジャーになってきているとは思いますが、簡単に言うと「紙の本をスキャナーで読み込んでデジタル化すること」です。

ランニング雑誌も毎月購入していると結構場所を取ったりしますし、電子書籍も普及しつつありますが、読みたい本が電子化されていないという状況はまだまだあります。

「自炊」による電子書籍化にも色々な方法があると思いますが、私の方法は本を裁断機でバラバラにしてドキュメントスキャナで読み込む方法です。

まず今回は裁断の方法を説明します。

裁断に使用するのはカール事務器のディスクカッターDC-210Nです。
DC-210NはA4サイズまで対応しており、一度に40枚程度までカットすることができます。
2014-01-11 13.23.09

約1年分のランナーズです。
今回はこれを電子書籍化します。
2014-01-11 13.15.48

まずは、表紙・裏表紙をはがします。
2014-01-11 13.20.44

裁断機でカットできる厚さになるように小分けします。
ランナーズであれば2分割すれば裁断することができます。
片手で抑えながらもう一方を引っ張っていきます。
2014-01-11 13.22.30

破れないように気を付けて最後まで切り離してください。
2014-01-11 13.22.44

分割した本を閉じてある方がカットされるよう裁断機にセットします。
位置が決まったらマグネットのガイドを合わせておくと同じ幅でカットできます。
2014-01-11 13.24.20

本の端を裁断機のゴムの端に合わせると丁度いい感じです。
2014-01-11 13.24.05

裁断機のスライダーを下に抑えながら前後に往復させてカットします。
3~4往復くらいでカットできます。
2014-01-11 13.24.48

表紙も含めて残りを同様にカットします。
糊が残っていてページとページくっついている場合がありますので、バラバラになっているか点検します。
くっついているとスキャンの際にエラーとなります。
2014-01-11 13.28.13

以上で裁断作業は終了です。
慣れると簡単にできるようになります。

DC-210Nは、私も含め、あまり自炊の頻度が高くない方におすすめの裁断機です。
B4版対応のDC-220N、A3版対応のDC-230Nもあります。

本格的な方はこれを使っています。
本を小分けすることなく一度に裁断することができます。

ランキングに参加しています。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ポチっとしてね!
スポンサーリンク