エプソンから30時間稼働のGPSウォッチ「WristableGPS」新モデル発表!

エプソンは、GPS Sports Monitor「WristableGPS」の新商品『SF-710S』、『SF-510T』、『SF-310G』、『SF-310W』の3モデル・4機種を、2013年11月15日から順次発売すると発表しました。

主な特徴
さらに進化したエプソン独自のGPSチップで低消費電力化を実現し毎秒測位でGPS稼働30時間が可能となり、ウルトラマラソンなどの長時間の使用に対応。

『SF-710S』、『SF-510T』は、本体に内蔵されたストライドセンサーにより、実速度と体振動周波数から、歩幅を絶えず学習し、GPS信号が入らない、トンネル内やスポーツジムなどの室内でも高い精度で走行距離やラップの測定が可能。

昼夜問わず高い視認性を確保でき、反転画面が設定可能なLCDを採用。

走行時の計測データ(軌跡や速度、ラップ、消費カロリーなど)はWebアプリ「NeoRun」にアップロードして、管理・分析することが可能。
新たにスマートフォン連携を実現。「NeoRun」はスマートフォンでの閲覧にも最適化し、また、Bluetoothにより、データのアップロードを可能にするアプリケーションの提供を予定。

『SF-710S』、『SF-510T』にはよく使う機能をタップで呼び出すことができるタップ機能を搭載しているので、走行時も簡単に操作することが可能。

[エプソン リスタブルジーピーエス]EPSON Wristable GPS 腕時計 GPS機能付 SF-710S
『SF-710S』は、レースに向けて緻密なトレーニングを積み上げるランナー向けのモデル。また、「累積上昇高度」、「累積下降高度」、「勾配」等、細かい項目も計測できることから、山野を走るトレイルランニングなどにも適したモデル。

[エプソン リスタブルジーピーエス]EPSON Wristable GPS 腕時計 GPS機能付 SF-510T
『SF-510T』は、フルマラソン等のマラソン大会にて記録を追い求める本格志向のランナー向けのモデル。薄型・軽量を追求し、厚さ11.8mm、重量49gを実現。

[エプソン リスタブルジーピーエス]EPSON Wristable GPS 腕時計 GPS機能付 SF-310G
『SF-310G』、『SF-310W』は、マラソン大会への挑戦を考えており、日々のランニングやトレーニングでGPS機能付きウォッチを初めて使用するランナー向けのモデル。ファッション性も考慮して2種類のカラーを用意。
画像はSF-310G

ランキングに参加しています。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ポチっとしてね!
スポンサーリンク