ハーフ90分切を達成した2013フードバレーとかちマラソンの装備、すべてお見せします!

2013フードバレーとかちマラソンを走った際の装備をすべてお見せします!
シューズを「adizero takumi ren」に変えた以外は、基本的に2013北海道マラソン、2013別海町パイロットマラソンの装備と大きく変わってはいません。
IMG_0243
IMG_0240

シューズ

シューズは「adizero takumi ren(アディゼロ匠“練”)」です。
これまでの大会はadizero Japan2を履いており、レースで「adizero takumi ren」を履くのは今回が初めてです。
「adizero takumi ren」は、今年3月に購入しており、シーズン中盤くらいで足が出来てきたら履こうと思って買っておいたのですが、故障により最近まで温存していたものです。
今回のフードバレーとかちマラソンでハーフ90分切りを達成できたのは、この「adizero takumi ren」のおかげと言っても過言ではありません。
前傾を維持し、足を軽く踏み込むと地面からの反発で足が前に出てストライドが自然に伸び、スピードに乗っていく。とても気持ちよく走ることができるシューズです。

タイツ

「2013北海道マラソン」直前に購入した、ワコールのCW-Xスタビライクスモデルのセミロングです。
スタビライクスモデルを選んだポイントは、次のとおりです。

  • サポート感がしっかりしていること
  • セミロングモデルがあること

購入当時、膝痛の症状が見られたことから膝をしっかりサポートできるものということで選びました。
私の身長を基準にするとMサイズなのですが、ウエストを基準にするとSサイズとなります。試着した結果Sサイズを購入しました。
タイツは以前からアシックスのロングタイプを履いており、その効果は実感していました。
私にとって、タイツは必需品です。

パンツ

昨年シーズンオフに購入したアシックスのマルチポケットトランクスです。
マラソンを走るときはゼリーやサプリなどを携帯する必要がありますが、私は「できるだけ手ぶらに近いスタイル」を好みます。
このマルチポケットトランクスは、ポケットが7つもあります。
今回は、アミノダイレクト1包とお守りとしてゼリー1個をポケットに入れて走りました。
「2013千歳JAL国際マラソン」、「2013北海道マラソン」、「2013別海町パイロットマラソン」と今シーズンすべての大会で着用しており、必携のアイテムとなっています。

シャツ

adidas(アディダス) 叶衣 ハーフジップ Tシャツ です。
ハーフジップタイプは体温調節がしやすいので、重宝しています。
「2013千歳JAL国際マラソン」と今回の「2013別海町パイロットマラソン」でも着用しました。
今回は気温が低かったことからインナーにかつてUNIQLOがBODY TECHとして発売していた長袖のコンプレッションウェアを着用しました。

GPSウォッチ

GARMIN (ガーミン)FORERUNNER 410です。
正直言ってGPSウォッチなしでは、レースになりません。
私にとって、レースでのペース管理には絶対欠かせないものです。
普段、練習のときから付けており、常にペースを意識しています。

サングラス

定番のオークリー。モデルはHARF JACKET2.0、色はホワイトです。
私は目が悪く、普段から眼鏡をかけているため、度入りにするために、目が良い人の2.5倍の金額で購入しました。
しかし、目を保護するために、サングラスは必需品です。
もちろん、ファッション的にも欠かせないですよね。

ポーチ

SPIBELT BASICモデルです。
SPIBELT BASICモデルです。
私の好む、「できるだけ手ぶらに近いスタイル」にピッタリの製品です。
「2013フードバレーとかちマラソン」では、このSPIBELT BASICモデルにiPhone5を入れて走りました。

デジカメ

このブログで使用しているレース中の写真は、走りながらiPhone5で撮影したものですが、正直両手を使っての撮影は、走りの妨げになってしまいます。
また手持ちのIXY900ISはかなり旧式で少し重たいのと連射ができないため、新しいデジカメが欲しいと思っているところです。
来シーズンは、防水・軽量でストレス無く撮影できるDSC-TX30が欲しいと思っています。

ランキングに参加しています。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ポチっとしてね!
スポンサーリンク