ハーフ90分切を達成した2013フードバレーとかちマラソン、レース前日と当日の食事すべてお見せします!

フルマラソンの半分の距離とはいえハーフマラソンにおいても大量のエネルギーを消費することから、食事が重要なことに変わりありません。

一般的には、カーボローディングが有効であると言われており、私の場合も、レース前日と当日の食事は炭水化物中心で量を少し多く摂るようにしています。

あわせて、糖質や脂質をエネルギーに変えるビタミンB群もしっかりチャージします。

また、カフェインは利尿作用があるため、前日からはコーヒーやお茶などカフェインを含むものは摂らないように注意しています。

それでは、2013フードバレーとかちマラソンのレース前日と当日の食事を紹介します。


前日の昼食はトースト1枚とハムエッグ、牛乳、野菜ジュース、ヨーグルトです。


前日の夕食は鶏塩うどんと野菜ジュース、チーズ。うどんは2玉食べます。
レシピはこちら


夕食後は就寝前までにアミノダイレクト5500を溶かしたポカリスエットイオンウォーター500mlを飲みます。


当日の朝食は、ごはん、味噌汁、目玉焼き、野菜ジュース、豆乳。


朝食後からスタートまでの間に、アミノダイレクト5500を溶かしたポカリスエットイオンウォーター500mlを飲みます。


スタート2時間前と1時間前にそれぞれ赤飯のおにぎり1個を食べます。


スタート30分前は、アミノバイタル パーフェクトエネルギー1個とスーパーバーム1本を飲み、ダメ押しのエネルギー補給をします。


走行中の補給用として、アミノダイレクト1包とカーボショッツ1つをマルチポケットトランクスにいれて走りました。

カーボショッツはお守りということで持っていましたが、今回は飲みませんでした。

アミノダイレクトは、11.3kmの給水地点で飲みました。疲れたときに口に含むと甘く感じ、その瞬間にパワーが出るような感じがします。


走行後は、ザバスリカバリーゼリーとザバスパワーアミノ2500を飲みました。
走行後の酷使した身体に速やかに糖質、たんぱく質、アミノ酸を補給することで、すばやいリカバリーを促し、翌日に残るダメージを軽減しようというものです。


以上の食事で、2013フードバレーとかちマラソンに臨み、見事、自分でもビックリのサブ90を達成することができました。
これからも試行錯誤してよりよいものを研究していきたいと思っています。

゙(*・・)σ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ぽちっとな♪

ランキングに参加しています。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ポチっとしてね!
スポンサーリンク