ガーミンをもっと活用しよう!ガーミンコネクト「インターバル・ワークアウト」の作り方!

レースやトレーニングには絶対に欠かせないGPSウォッチ。
私はガーミンの「Forerunner410」を愛用しているのですが、これまで単純な使い方しかしてきませんでした。
「それではもったいない。もっと活用しよう!」ということでガーミンコネクトを使って、インターバル・ワークアウトを作ってみました。

まず、今回設定するインターバルトレーニングの内容は、次のとおりです。

  • ウォームアップ
  • 急走期 1km、キロ3:45~4:00ペース
  • 緩走期 1分45秒間
  • 急走期と緩走期を5回繰り返す
  • クールダウン

これが自分にあっているかどうかわかりませんが、実際に走ってみて調整したいと思います。

ワークアウトの作り方

01
1.ガーミンコネクトのページから[計画]-[ワークアウト]を選択します。

02
2.初めてワークアウトを作る場合は[初めてのワークアウトの作成]をクリック。

03
3.2つ目以降のワークアウトを作成する場合は[ワークアウトの作成]をクリック。

04
4.ワークアウトの名前を入力し、ワークアウトタイプを「ランニング」と選択したら[ステップを追加]をクリック。
ちなみに私のForerunner410は海外版なので、日本語の名前でForerunner410に転送したら文字化けしました。

05
5.ステップタイプを「ウォームアップ」、継続時間を「ラップボタンのオン」、維持目標を「目標なし」と選択し、[完了]をクリック。

06
6.続けて[ステップを追加]をクリックし、次のステップを設定します。

07
7.ステップタイプを「インターバル」、継続時間は「距離」を選択し「1.00」と入力、維持目標は「ペース」を選択し、「3:45~4:00」を入力し、[完了]をクリック。

08
8.続けて[ステップを追加]をクリックし、次のステップを設定します。

09
9.ステップタイプを「回復」、継続時間は「時間」を選択し「1:45」と入力、維持目標は「目標なし」を選択し、[完了]をクリック。

10
10.続けて[繰り返しを追加]をクリックし、繰り返しの設定をします。

11
11.繰り返し回数を選択し、先ほど設定した「インターバル」と「回復」をそれぞれ繰り返しの中にドラッグします。

12
12.繰り返しの設定が終わったら[完了]をクリックします。

13
13.ステップを追加し、ステップタイプを「クールダウン」、継続時間は「ラップボタンをオン」、維持目標は「目標なし」を選択し、[完了]をクリック。

14
14.[保存]をクリックしてワークアウトを保存します。
以上で、ワークアウトの作成は完了です。

ワークアウトの送信

15
15.送信したいワークアウトを選択した状態で、[デバイスへの送信]をクリック。

16
16.ダイアログが表示され、接続されているデバイス名が表示されるので、[ワークアウトの送信]をクリック。

17
17.デバイスに応じた制限事項が表示されるので、[OK]をクリック。

18
18.送信が終了するとメッセージが表示されるので、[閉じる]をクリックしてダイアログを閉じます。
実際にはガーミンデバイスに転送が完了した旨の表示がされた時点で転送が完了となります。

ワークアウトの実行

Forerunner410の場合は、
[menu]-[Training]-[Workouts]-[Advanced]-[(ワークアウト名)]-[Do Workout]
中断する場合は、
[menu]-[Training]-[Stop Workout]
となります。

意外と簡単ですので、みなさんもぜひ作ってみてください。

ランキングに参加しています。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ ポチっとしてね!
スポンサーリンク